超現場ブログ

Technique,Design and Events

adobe PhotoShop 塗りつぶし-コンテンツに応じるとパペットワープ

Twitter Facebook Google+ はてブ

adobe PhotoShop 塗りつぶし-コンテンツに応じるとパペットワープ

ども、WEB塾 超現場主義 札幌校です

コンテンツに応じての塗りつぶしと、パペットツールを使う機会がありました
今回の画像はサンプルですが、指示内容としては「JAZZの盛り上がりを増してくれ!」です、、、

入稿画像から、人だけ選択し切り抜き、別のレイヤーにしておきます
背景になるレイヤの人の部分を大きく選択し

コンテンツ応じる 塗りつぶし

編集メニュ→塗りつぶし→内容の使用を「コンテンツに応じる」にします

05

まずまず背景はOKでしょうか、繰り返し「ヒストリー」を利用して、
選択範囲を変えてみたりしながら、塗りつぶしの気に入る状態を試しても良いでしょう

つついて、切り抜いた人のレイヤーを選択し操作します

02

編集メニュー→「パペットワープ」を行います

パペットワープ

画面上にワイヤーが表示されます

ワイヤーにピンを打ち、ピンをドラックすると画像が変形できます
繰り返しの操作で「コツ」をつかむ必要がありそうですが、どんどん変形します

パペットワープ

感覚としては3Dやフラッシュの「ボーン」のような感じですね

背景を残し、画面上の一部分を、自由に変形できました

これで、「あとちょっと、腕をあげてほしいなぁ」とか「この枝ぶり少し違うなぁ」とか
「写真がないですよ」って時の対応に幅が出来そうです

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.