超現場ブログ

Technique,Design and Events

WEB制作を始めるにあたって WEB制作ツールとしてのAdobe Photoshop

Twitter Facebook Google+ はてブ

こんにちは、名古屋栄校に出張中の札幌校です
WEB塾では制作スタッフはもちろん、講師を行うスタッフも維持情報交換行い全国単位で技術情報やスキルの向上につとめています。

というお話はさておき

WEB制作を始めるにあたって、どんな技術やノウハウ、ソフト、PCなどなど、何を準備したら始められるのか、特に体験入校の際にご質問頂きます。

もちろん
到達目標によって様々に変化し準備は拡大して行きますね、物理的な準備としてはパソコンとソフトになる訳ですが、最低限必要となるものは、
1 グラフィックを扱うソフト
2 HTML/CSSを扱うソフト(エディタ)
3 サーバー間のデーターを送り合うソフト(FTPクライアント)
4 ブラウザーソフト
この4つが必要になります

2、3については代表的なソフトとしてADOBE Dreamweaverなどがありますが
私たちの制作部のコーディング、プログラムチームないでは、じつはあまりADOBE Dreamweaverを使用していません
その理由は別の機会にするとして、実際は『無料または、『すごく安価』なものでシンプルなものを使用しています。

4についてもも同様なのですが、Internet Explorerの最新バージョンから、旧バージョンはもちろんChrome、Firefox、Safariとこれについても『無料』です

問題は1番のグラフィックソフトになります

『無料』のグラフィックソフトはもちろんあるのですが、
品質、操作性ともに高機能なものが無く、やはりPhotoShopでなければ、、、ということになってしまいます

逆にいいかえすと、『フォトショップさえあれば、あとは、無料ソフトでWEBつくれるのに』となります
これです

Creative Cloud はわずかなステップで始められます

こんなに安くなってる!?
これなら、始めるハードルが一気に低くなりますね

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.