超現場ブログ

Technique,Design and Events

画像の最大ファイルサイズ – Adobe PhotoShop

Twitter Facebook Google+ はてブ

WEB塾 超現場主義 札幌校です
今日はファイルの保存についてのお話を少しです

私たちが保存できるファイルの大半は、ファイル容量が2GB(ギガバイト)という大きさの制限を受けている事が多いのです。
カンバスのサイズの大きさ、画像解像度の細かさ、レイヤー数などで肥大化したファイルは、よく慣れ親しんだPSD形式などでは保存できなくなることもあります。

また、ファイル容量自体は、2GBに収まっていたとしいても、30,000ピクセル×30,000ピクセルを超える、ファイルの場合、PSDファイルでは保存できなくなります。ランデングページ(LP)などで、カンバスサイズの大変、大きいファイルの制作で、たまに出くわすこともあるかもしれません。

フォトショップでは、このような大きなファイルを保存する形式が3つ用意されています
——————————————————————————————————————-
・PSB形式(ビックドキュメント形式) ・RAW形式(汎用フォーマット形式) ・TIFF(上限4GB)
——————————————————————————————————————-

もちろん最終出力に合わせて保存が必要になるのですが、
実際は、制作時のレイヤー情報など、すべてのフォトショップ機能を保持したいので、必然的に『PSB形式(ビックドキュメント形式)』での保存が選択されます。

PSDファイルで保存できない、jpegで保存できないなど、ビックリする必要はありません

ただし、古いOS(windowsのバージョンやMacのバージョン)によっては、
1つのファイルの最大容量に上限があるので、あわせて環境を確認する必要があるかもしれませんね

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.