超現場ブログ

Technique,Design and Events

EC-CUBEで商品を間違って消した時の対処

Twitter Facebook Google+ はてブ

名古屋栄校です。

EC-CUBEの管理画面から間違って商品を削除してしまったときの対処方法です。
管理画面上からは見えないですが、データベース上では、削除フラグが立っているだけで、データ自体は残っています。
したがって、削除フラグを更新すると復活することができます。

更新するテーブルは2つ。

dtb_products
dtb_products_class

dtb_products は、商品情報が格納されています。dtb_products_class は、価格情報等が格納されています。
テーブルの中を見ていくと、del_flg という項目があるので、復活させる場合は 0 を設定します。

SQL文は、

UPDATE dtb_products SET del_flg = 0 WHERE product_id = x;
UPDATE dtb_products_class SET del_flg = 0 WHERE product_id = x;

復活させたい商品の商品IDを product_id = x で指定します。

 

結論

データベースの操作は怖いので注意して下さい。いやマジで・・・。
 
 

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.