超現場ブログ

Technique,Design and Events

WinSCPで文字コードと改行コードが変換される

Twitter Facebook Google+ はてブ

WinSCPで文字コードと改行コードが変換される

名古屋栄校です。

WindowsマシンとLinuxサーバーの間で、WinSCPなどのFTPツールを使ってデータの送受信を行った場合、文字コードや改行コードが自動的に変換される場合があります。

最近はLinuxサーバーもUTF-8が主流のようですが、ちょっと前だとEUCの場合があります。
その場合、改行コードがLFとなっていることが多いです。
このファイルをWindowsマシンにダウンロードする時に、テキストモードでダウンロードすると自動的に文字コードをShift-JISに、改行コードをCR+LFに変換してしまいます。

htmlファイルをアップロードして、動作確認して、そのファイルをダウンロードして修正して、またアップロードして・・・。

文字化けが直らなくて泣けます。

 

解決方法

winSCPの場合、バイナリモードでファイル転送することで回避できます。
「オプション」→「環境設定」→「転送」→「デフォルト」→「編集(E)」で、転送モードをバイナリに変更します。

 

結論

まずは転送モードを確認。文字コードだけでなく、改行コードにも気をつけましょう!

・2018/2/6追記
WEB塾東京校ではマンツーマンのPRO講座以外にも短期で学べる「短期講座」も開催しています。
Photoshop初級スタート講座
Photoshop基礎講座
はじめてのHP作成講座
javascript初級スタート講座
PHP初級スタート講座
WordPress講座

上記以外にも限定講座なども開校しておりますので気になる方はぜひご確認・ご受講ください。

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.