超現場ブログ

Technique,Design and Events

浜松校 Illustratorのアピアランスで文字の増減に対応して枠の長さを自動で調整する方法

Twitter Facebook Google+ はてブ

浜松校 Illustratorのアピアランスで文字の増減に対応して枠の長さを自動で調整する方法

浜松校です。

はじめまして。今度DTPを中心に浜松校が本格稼動いたしますので、皆様どうかよろしくお願いいたします。

さて、WEBもDTPも日々納期との戦いとなります。少しでも早くミスの無いデータ作りというものが求められます。
例えば地図の作成などで使用する交差点名などは四角いオブジェクトの上に文字を重ねて作ったりします。しかし、文字数が多くなったり少なくなったりするたびに、オブジェクトも変形させなければなりません。

0828_01

文字の増減で自動的にオブジェクトも変形すればいいのに。
そんなときは「アピアランス」を使います。

0828_02

まず、文字に対してアピアランスに「塗り」を追加します。色は紺色にしました。
その「塗り」に対して、「形状に変形」ー「長方形」を選択します。

0828_03

「形状オプションダイアログ」が出るので
「サイズ:値を追加」
「幅に追加:2mm」
「高さに追加:2mm」
とします。
サイズで「値を追加」を選ぶことによって文字の増減に対応します。

0828_04

このままだと上下の位置がズレているので調節します。
文字パレットのベースラインを調節しても文字と後ろの塗りの両方が動いてしまうので、ここでも先ほどの「塗り」に対して効果の「パスの変形」ー「変形」を選択し、垂直方向を移動させます。

0828_05

これで文字の増減に対しても自動的に後ろの紺色帯も変化します。今回は「塗り」に対して効果をかけましたが、もちろん「線」にも有効です。

しかし、この方法は一見便利なのですが、重大な欠点があります。
それは・・・

0828_06

アウトライン化すると帯の上下の高さがズレてしまうのです。
使いどころを選んで正しく使いましょう・・・。

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.