超現場ブログ

Technique,Design and Events

札幌校 Web制作にお勧めテキストエディタはこれだ!

Twitter Facebook Google+ はてブ

札幌校 Web制作にお勧めテキストエディタはこれだ!

はじめまして。札幌校ナンバーワンイクメンパパ(自称)の山本です。
生徒さんからも、たまに聞かれることがあるテキストエディタ。
今は、エディタのソフトも沢山ありどれが良いのか迷っている人も多いと思います。

今回は、そんな人のために現場で使用頻度が多いであろうテキストエディタを幾つか紹介しようと思います。

■Coda

https://panic.com/jp/coda/
自分が長年愛用しているテキストエディタです。個人的にはお勧めNo1です。動作も軽い。
Coda自体にFTP機能を持っているのでこのソフトだけでファイル転送等行うことが出来ます。
1つ残念なのがMac専用というところですね。Win用はありません。
価格は約1万円とちょっとお高め。でも1万円出す価値はあるソフトだと自分は思っています。

■Dreamweaver

http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html
Adobeが提供している有料のソフトウェア。
最近2015バージョンになりました。最大の魅力はレスポンシブデザイン(スマートフォン対応の可変デザイン)のコーディングが非常に組みやすくなったという事です。
これは嬉しい変化ですね。
今まで時間のかかっていたレスポンシブコーディングの時間短縮につながるのではないかと思います。
体験版でも使って試してみようと思います。
価格は2180円/月額になります。

■Brackets

http://html.adobe.com/jp/opensource/
上記Dreamweaverと同じAdobeが提供しているオープンソースのテキストエディタ。
要するに無料です。
受講生の皆様が、Web向きのエディタを使ってみたいという時には、僕はこちらをおすすめします。
まずは無料というのが嬉しいですよね♪
さらに、画面もシンプルでとても使いやすいです。コードも色分けしてくれます。
Win・Mac両対応というのも嬉しいところです。
拡張機能も沢山あり、自分好みのエディタに仕上げることが出来ます。
自分が社外でコードを書くときには、このソフトを使っています。

■Sublimetext

http://www.sublimetext.com/3
コーダーさんでこのエディタを使っている人は非常に多いのではないかと思います。価格は無料というのも嬉しいところです。
ただ、デフォルトが英語なので、まずは日本語に設定するという作業が発生する。
使いやすい画面構造に作るのに、プラグイン等を幾つかセットしないといけないなど、初期設定が少し大変です。
ですが、それを抜きにしても素晴らしい機能と、動作も非常に軽くて使いやすいテキストエディタです。
Sublimetextといえば【Ctrl+D】の機能というくらい便利なショートカットキーがあります。興味のある人はGoogle先生で調べてみてください。
【Ctrl+D】の機能、Codaにつけて欲しいです。ほんとに。。。


以上、個人的におすすめしたいテキストエディタを4つ紹介させてもらいました。
自分はCodaを使い慣れていますが、これからWebエディタを使って色々やってみようという方には、まずはBracketsをお勧めしたいですね。
もちろん色々使ってみて自分にピッタリのソフトを見つけるのも勉強です。
この記事が自分向きのエディタを選ぶきっかけになればと思います。

さぁ、今日も1日頑張りましょう( ー`дー´)キリッ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.