超現場ブログ

Technique,Design and Events

名古屋栄校 Photoshopで被写体を消す

Twitter Facebook Google+ はてブ

名古屋栄校 Photoshopで被写体を消す

名古屋栄校です。

今回は、Photoshop CS5から追加されている機能を使って、お手軽に被写体を消す方法のお話です。
説明で使っている画面イメージはCS6のものを使用しています。
CCでは、その機能が更に強化されているので、最新版を使用している方は、この解説よりも簡単きれいに作業できるかもしれませんね。

さて、その機能というのは、【塗りつぶし(コンテンツに応じる)】です。

使い方

キャプチャ1
まずは、対象となる被写体を「なげなわツール」で囲みます。

キャプチャ2
編集メニューから、塗りつぶしを選択し、使用欄で「コンテンツに応じる」を指定します。
あとは、OKボタンを押すだけ。

キャプチャ3
ただ、このままでは板の目や後ろの壁が一部ズレています。
ここでは、お手軽にコピースタンプツールを使って、ペタペタと板の目を合わせて修正していきます。
後ろの壁は、選択ツールでズレている部分をコピペして、回転させながら位置を合わせて、境目を消しゴムツールでなじませました。

a1320_000234_m-2
難しいテクニックは、ほとんど使わずに、およそ10分程度でここまで出来ました。

このようなPhotoshopの操作を基礎から学べる、「はじめてのWEBデザインコース」では、未経験者からでも安心して勉強ができますよ。

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.