超現場ブログ

Technique,Design and Events

パレートの法則とは?WEBで考える

Twitter Facebook Google+ はてブ

blog_main

大宮校高田です。

パレートの法則という言葉を聞いたことがあると思います。
「80:20の法則」や「2:8の法則」とも呼ばれることもあります。

例えば:

  • 売上の8割は2割の商品から発生している
  • ランチ営業8割の顧客より2割の貸し切り営業の方が売り上げの80%を占める
  • 2割のサイト訪問者が総訪問者のうち、8割のアクセスを占めている
  • クローゼットの洋服の8割は着ていない、2割は着ている

戦略に限らず、身の回りでもパレートの法則を見つける事ができます。

WEBでもパレートの法則を当てはめてみる

ネットショップで2割の商品が売り上げの8割を占めている

WEB解析をするとこんな結果が出ると思います。
季節的な商品、セール商品、キャンペーン商品などこのような結果が出やすいです。

12ヶ月を1クールと考えて、時期的に2割の商品に集中して取り扱うのも、戦略の一つです。

また、短い期間で目標売上を達成したい時など2割の商品を特定して対策することがコンバージョンを上げるには最短であます。

売り上げ8割の、2割の商品だけを取り扱うべきか?

答えは、様々ですが、8割の売り上げが少ない商品が必要ではないかといったら、答えはNOです。

8割の商品があるからこそ、上位2割がでるのであって上位2割の商品だけ残したら、そこでまた2:8が生まれます。
8割の商品は、ロングテールで月々の売り上げは少ないが継続的に買われていくといった、メリットがあります。
またレコメンドで、新規開拓しやすい商品でもあります。

いかがでしたか?
ぜひ、Webマーケティングの参考にしてみてください。

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.