超現場ブログ

Technique,Design and Events

WordPressのカスタムフィールドってどうしてる?

Twitter Facebook Google+ はてブ

0000 (1)

先日、新橋校の田中先生の記事を見て「お!」と思ったので、実際カスタムフィールドってどうしてるのか、気になりました。札幌校の蛇谷です。

実際通われている生徒でも「WordPress使ってみたい」という声も多く、このカスタムフィールドを教えるところまで行くと色々な発想が生まれます。
僕個人でも「カスタムフィールド」「カスタム投稿タイプ」が一番面白い!と感じます。
次にクエリー問題ですが、最近はウィジェットって意外と便利じゃん!と思ってます。
(と、言うつつもあまり使う機会はないですが・・・)

そもそもカスタムフィールドって何さ

自分で作れる入力欄

WordPressで標準的にサポートしているのは「タイトル」「本文」の2つのフィールドです。
それ以外に対応でいるよう用意されているのが「カスタムフィールド」となり、自分で好きな「名前(表示上)」「識別子(スラッグ)」「フィールド種類」が設定できます。
設定はテーマファイル内の functions.php で行うか、投稿のカスタムフィールド機能から行います。

簡単?難しい?

ですが、標準だと使い難いです。そこで登場するのがプラグインですね。
プラグインは簡単に説明すると「functions.php で行えるものを別ファイル化した便利ファイル」です。
自分でできるけど、難しいことわからない(怖い)ときは、プラグイン使うと良いです。
または「管理画面(ダッシュボード)で一括管理したいよ」というときに便利かもしれません。

カスタムフィールドを(便利に)使えるようにするプラグインは沢山ありますが、その中でもオススメなのはこれです!

オススメのプラグイン

acf (1)

Advanced Custom Fields
https://ja.wordpress.org/plugins/advanced-custom-fields/

使い方は先生に聞いてね!

今までの使い方

で、こちらのプラグイン、田中先生がおっしゃってる「カスタムフィールドの使い方」以外にも専用の方法が用意されています。

まず田中先生の方法はこちら!(※一部省略しています)

<?php
	if( post_custom('カスタムフィールド名') ){
		echo ( $post->カスタムフィールド名 );
	}
?>

最初に if文で カスタムフィールドの値を判断しています。
post_custom(‘カスタムフィールド名’) は単純に「カスタムフィールド名の内容を取得」になります。
よって、内容があれば true になり、無ければ false です。
次に内容があった場合ですが、「$post->カスタムフィールド名」で表示する内容を選択しています。
「$post クエリーの中にあるカスタムフィールド名を echo (表示)してね」って具合です。

先に変数定義して表示でもいいですね。その場合ですとこちらになります。
※1つの名前(key)に複数の値(value)が入っている場合は変わります)

<?php
	$val = post_custom('カスタムフィールド名');
	if( $val ){ echo $val; }
?>

便利な使い方

次に「Advanced Custom Fields」プラグインを使う場合ですと専用の取得・表示命令がこちらになります。

<?php
	get_field('カスタムフィールド名');	// 取得
	the_field('カスタムフィールド名');	// 表示
?>

「WordPress標準のタグ?」と思えるような命令文。素敵です。
WordPressを使ってる方ですとご存知、get は取得、the は表示に合っています。

こんなに!?豊富なフィールドの種類

まぁここまでであれば「標準でもいいじゃん」と思うかもしれませんが、「Advanced Custom Fields」では使えるフィールドの種類が豊富なんです!

  • テキスト
  • テキストエリア
  • 数値
  • メール
  • パスワード
  • Wysiwyg エディタ
  • 画像
  • ファイル
  • セレクトボックス
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • 真/偽
  • ページリンク
  • 投稿オブジェクト
  • 関連
  • タクソノミー
  • ユーザー
  • Google Map
  • デイトピッカー
  • カラーピッカー

無料でこれだけの種類が使えます。しかも取得・表示は先ほどの命令だけ。
詳しくは公式サイトを見たほうが分かりやすいかもしれませんが、「真/偽」「タクソノミー」なんかを使うと「カテゴリA用のフィールド群」のように入力欄をガラっと変えることができます。

あとはPRO版(有料)になりますが「リピーター」や「ギャラリー」もあり、これらも非常に便利です。よく使うのであれば持っておいても良いかと思います。

最後に

実際の画面を見ての使い方やレクチャーについては是非、WEB塾超現場主義にお問い合わせください。
各校、WordPressでのカリキュラムは対応しておりますので、初心者の方も、使い方がいまいちな方も、是非!

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.