超現場ブログ

Technique,Design and Events

Googleアナリティクスで最低限チェックしておきたい数字

Twitter Facebook Google+ はてブ

checklist-1919292_1920

こんにちは!

名古屋駅校、講師の小野島です。

WEBサイトやブログを運営している方ならほとんどの人が、グーグルアナリティクスを利用していると思います。

無料で様々なデータが取得できる素晴らしいツールなので、まだ利用していない方はぜひ使ってみて下さい。サイト運営、ブログ運営が今までより楽しくなると思います。

私は既にグーグルアナリティクスを何年も使用していますが、

アナリティクス内の、どこのページにどんなデータがあるのか全てを把握している訳ではありません。

というよりもアナリティクスの全てを把握している人はなかなかいないと思います。

それだけ、データの量も多くて細かいです。

今回はアナリティクス初心者の人に、

「まずチェックして欲しいデータ」

をまとめておきます。

アナリティクス初心者が確認すべき数字

アナリティクス

ユーザーとページビュー(PV)数

当たり前ですが、「ユーザー数」と「PV数」はサイト運営やブログ運営をしている人にはとても気になる数字です。

具体的には、

  • ユーザー数:サイトに訪れた人の数
  • PV数:サイト(ページ)にアクセスのあった回数

です。

どちらも増やしていきたい数字ですが、ただ毎日「ユーザー数」と「PV数」を眺めていても増えることはありません。実際にこの数字を増やしていくためにはここから紹介する数字を見ていく必要あります。

直帰率

アナリティクの最初のページにあるデータです。

直帰率は一般的に、

低ければ低いほど良い

と言われています。

例えばアナリティクで直帰率が100%の場合、サイトに訪れた全ての人が最初のページを見ただけで帰ってしまっていることになります。

逆に直帰率0%の場合、サイトに訪れた全ての人が最初のページだけでなく、他のページにもアクセスしてくれたことになります。

最初のページだけ見て帰る→PV数1

最初のページ以外に他のページも見た→PV数2

要はこの「直帰率」を下げるだけでページビュー数(PV数)を増やすことが出来るのです。

平均セッション時間

このデータを見れば、サイトに滞在した時間かがわかります。

こちらもアナリティクスの最初のページにあります。

当たり前ですが、平均セッション時間は、

長ければ長いほど良い

と言われています。

サイトに訪れた人が3秒も滞在していなかったら、そのユーザーが求めているものが自分のサイト、もしくはブログになかったということになります。

逆に滞在時間が3分あった場合は、じっくりサイト、ブログを見てくれていることになります。

そのサイトを、「見る」または「読む」価値があると判断されて、滞在時間が長くなったと考えられます。

滞在時間をチェックして1分以内の場合は改善が必要でしょう。

まとめ

今回は、

  • ユーザー、ページビュー数
  • 直帰率
  • 平均セッション時間

3つのデータのみ紹介でしたが、アナリティクスにはまだまだ参考になるデータや使える機能があります。

WEB塾の授業では「アナリティクス」についての授業も行っております。

登録はしてあるけど、いまいち使い方の分からない。

そんな人にはオススメです。

無料体験授業も行っているので、気になる方はご連絡お待ちしております!

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.