超現場ブログ

Technique,Design and Events

Googleから自動ペナルティー受けてから、やったこと※まだペナルティ解除されていません

Twitter Facebook Google+ はてブ

cyber-security-1923446_1280

こんにちは!

医療系サイト「WELQ(ウェルク)」 の問題で日本のGoogleの検索順位が日々大きく変動しています。

DeNA「WELQ(ウェルク)」休止…まとめサイトの問題点と背景は

まったく自慢にはなりませんが、自分の運営しているブログ、サイトも検索順位を大きく下げられてしまいました。

もちろん、テキスト、画像のパクリなどはしていません。

それでも検索順位を下げられてしまうのです。

Google恐ろしや、、、

自動ペナルティとは?

Googleのペナルティには大きく分けて2つあります。

  • 手動ペナルティ
  • 自動ペナルティ

2つのペナルティの一番分かりやすい違いは、

Googleからメッセージが来るか来ないかです。

手動ペナルティの場合、Googleからサーチコンソールにメッセージが来ます。

もし、いきなり検索順位が落ちたら確認してみましょう。

Googleから手動ペナルティを受けた時の対処法

反対に自動ペナルティの場合はGoogleからのメッセージはありません。

それが、とてもやっかいなのです。

何が悪いのか教えてくれないということは、自分で悪い箇所を調べてペナルティを受けたサイトorブログを改修しなければなりません。モチベーション的につらいものがあります。

実際にペナルティはまだ解除されていませんが、解除しようとするために私がやったことを記録としてまとめておきます。

サーチコンソールを確認

先程も書きましたが、手動ペナルティの場合サーチコンソールに通知が来ています。

私も検索順位が落ちてから、まずはサーチコンソールを確認しました。

パクリサイトがたくさん

サーチコンソールを確認しても通知は来ていなかったので、パクリサイトがないか調べてみました。

ブログがパクられた…Googleに著作権侵害による削除を依頼!

すると多くのパクリサイトがあることが判明!!

これはいかんと思い↑の記事を参考にしながらGoogleに申請を出しました。

サイト内に類似ページがないか確認

特にブログなどは過去記事がどんどん溜まっていきます。

昔書いた同じような内容の記事が多くあると内容の薄いサイトとみなされ、ペナルティを受ける場合があります。

私も自分でも覚えていない記事がたくさんあったのでペナルティを受けたタイミングで一度精査してみました。

不要なHTMLタグ削除

こちらも主に過去に投稿したページが中心となります。

昔投稿したページの中には現在は「使用していないタグ」が多くありました。

面倒でしたが、そちらも良いタイミングだと思い全て削除しました。

ウェブマスター向けガイドライン確認

最終的にはペナルティを与えている「Google」に従うしかありません。

初心に戻り、下記の「ウェブマスター向けガイドライン」を読み直しました。

品質に関するガイドライン

まとめ

ペナルティを受けて私が行ったことは、

  • サーチコンソール確認
  • サイト内に類似ページがないか確認
  • 不要なHTMLタグ削除
  • ウェブマスター向けガイドライン確認

以上となります。

自動ペナルティは通知が何が悪いのか通知がないので本当に困ります。

なんとしても検索順位を復活させ、またブログのネタにできればと思います。

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.