超現場ブログ

Technique,Design and Events

WEB業界と写真業界とではPhotoshopの使い方が全く違った話

Twitter Facebook Google+ はてブ

photo-manipulation-1941835_1280

様々な業界で使用されているphotoshop。

私も、画像の加工、バナー作成、デザインカンプ作成など様々な用途で使用しています。

実際にWEB業界の仕事に携わるまで知らなかったのですが、Photoshopで、

「単に写真の加工をするだけの目的」なのと、「WEBの仕事でPhotoshopを使用する」のでは使い方が大きく違い驚きました。

写真加工で使う主なツール

travel-1756150_1280

自分で一眼レフやスマホなどで撮影した写真を加工をする場合は、主に下記の目的があると思います。

  • 明るさの調整
  • 色の調整
  • ほくろや余計なものの削除

明るさは、トーンカーブやレベル補正、色の調整はカラーバランス、ほくろなど余分なものを消すのには修復ツールなどを使用することが多いです。

もっと本格的に使うとなると、明るさなどの調整以外にも多くの用途が出てくると思いますが、簡単な作業としてはこのくらいでしょう。

WEB業界での使用目的

WEB業界でphotoshopを使用するのは、バナー作成やデザインカンプ作成目的が多いです。

バナーやデザインカンプで使用する画像は「既に完成された写真」を使うことがほとんどです。

そのため、トーンカーブなどよりも下記のツールを使用することが多いです。

  • テキストの挿入
  • 人物の切り抜き
  • 図形(長方形ツールなど)の挿入

webの仕事でphotoshopを使用する場合、トーンカーブやカラーバランスなど写真の加工をするというよりは、フィルタやテキストを使って画像をデザインしていくことが多くなります。

まとめ

photoshopと言っても目的によって使用するツールが変わってきます。

自分がどんな目的でphotoshopを使用したいのか?をよく考えて利用しましょう。

web塾では無料体験授業を随時開催しています。

photoshopを実際に触ってみたい方、web業界に興味のある方はぜひ参加してみてください!

 

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.