超現場ブログ

Technique,Design and Events

写真の加工をするならPhotoshopよりもLightroomがオススメ

Twitter Facebook Google+ はてブ

スクリーンショット (16)

WEB業界では使用している人が少ないアドビの「Lightroom」。

アドビのCreative Cloudのプランにも入っていますが、インストールをしていない人も多いのではないでしょうか。

私は以前からLightroomを画像加工ソフトとして活用していましたが、一般的には、画像加工ソフトというよりも、RAWデータの現像に使われるソフトと認識をされているようです。

特にWEB業界ではPhotoshopでバナー作成やデザインカンプ作成をするので、そのまま画像の加工もPhotoshopで、という人が多い気がします。

画像の明るさや色合いなどはPhotoshopでも加工することも出来ますが、個人的な意見としてはPhotoshopよりもLightroomで作業した方が簡単にできると思っています。

今回は実際に2つの画像をLightroomで加工してみました。

本当に簡単なのでまだ使ったことのない人は今後Lightroomの使用を考えてみてはどうでしょうか。

LightroomでJPG画像を加工してみよう

laptop-1246672_1280

 

夜のサクラの写真

117A4216

こちらの桜の写真ですが、とても暗いですよね。

さらに、ノイズも目立ち写真自体が汚いです。

この写真を簡単に加工してみます。

117A4216-3

主に加工した項目は下記になります。

  • 明るさ(露出量)
  • コントラスト
  • 彩度
  • ノイズ軽減
  • ハイライト
  • 明瞭度

です。

加工する前の写真と比べるとノイズが軽減されて、写真がきれいで鮮明です。

コントラストも強くなったので、桜がくっきりと浮かび上がるように見えます。

慣れもありますが、3分あればここまでの加工ができます。

 

風景の写真

117A2316

次に海で撮影した写真を加工してみます。

そのままでも綺麗ですが、加工をしてさらに綺麗な写真に仕上げてみます。

まずは「露出量」を下げて太陽全体を少し暗くしてみました。

これで太陽のシルエットがはっきりします。

117A2316-2

次にコントラストと彩度をいじります。

117A2316-3

どうでしょうか。こちらも3分程度で仕上げられます。

ちなみに加工の仕方によってはこんな写真にもなります。

117A2316-6

まとめ

photoshopでも同じような加工ができますが、Lightroomでも簡単に加工することができます。

LightroomはWEB業界ではそれほど使用されていませんが活用できれば、できる仕事の幅も広がります。

まだ使用したことのない人は活用してみましょう♪

WEB塾では無料体験授業を随時開催しています。

ご興味のある方はご連絡ください!

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.