超現場ブログ

Technique,Design and Events

WEB業界の職種をまとめてみました

Twitter Facebook Google+ はてブ

computer-1185567_1280

WEB業界と言っても様々な職種があります。

  • 「WEBの知識を学んで、フリーになりたい!」
  • 「WEB業界に転職するためにスキルを身につけたい!」

そう思っても実際にどんな勉強をすれば良いのかわからない人も多いと思います。

今回はそんな人たちのためにWEB業界の具体的な仕事を紹介してみます。

これからWEBの勉強をしようと考えている人は参考にしてみて下さい!!

 

WEBプロデューサー

サイト運営、企画から予算、スケジュール管理など様々な仕事が要求されます。

仕事内容が幅広いこともあり、必要なスキルも多くなります。

求人によっては実務経験が10年以上必要な場合もあるので、簡単になれる職種ではありません。

スキルはもちろん、経験が必要になりますが一つの目標として目指してみても良いかもしれません。

 

WEBディレクター

様々な求人サイトで「未経験OK」という言葉を見かけますが、WEBの知識があるに越したことはありません。

WEBプロデューサー程の知識は求められませんが、サイトデザインやキャッチフレーズ、スケジュール管理に関わる仕事のため、幅広い知識が必要となります。

企業によっては仕事内容がほとんど営業のような場合もあります。

就職・転職でWEBディレクター枠に募集する場合は、その会社のWEBディレクターがどんな仕事内容なのかをしっかり見極めましょう。

 

WEBデザイナー

フリーを目指す人や、WEB業界へ転職を考える人がまず考える職種が「WEBデザイナー」ではないでしょうか。

必要なスキルとしては、

  • HTML
  • CSS
  • Illustrator
  • Photoshop

が主です。

上記のスキルは最低限のスキルです。

他にもSEOやPHP、JavaScriptの知識があると重宝されます。

 

WEBプログラマー

アプリ開発、WordPressのカスタマイズ、管理システムの構築など、仕事は多岐に渡ります。

初心者が一から覚えるとなると相応な時間はかかりますが、スクールなどに通いながらであれば可能な選択肢です。

長期的な学習を考えている人や現在WEBデザイナーとして仕事に余裕のある人は「WEBプログラマー」という次の段階を目指してみても良いでしょう。

まとめ

WEB関連の一部の仕事を紹介させていただきました。

向き不向きがあると思いますので、未経験の方は実際にWEB業界で働いている人の話を聞くことが一番です!

WEB塾でも無料体験授業を随時開催していますので、興味のある方は是非ご予約をお願いします!

 

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.