超現場ブログ

Technique,Design and Events

CPAとROI

Twitter Facebook Google+ はてブ

roi-min

こんにちは。
方向音痴がひどすぎて、パリ市内で地下鉄の駅を探して5時間彷徨ったことがあるWEB塾名駅校の平田です(実話)。(さっきここ通ったし!!って何度思ったか・・・。今となってはいい思い出ですが・・・)

さて、今回は広告に関する指標や、効果の指標について簡単なお話を。

CPAとは

CPAとは「Cost Per Acquisition」の略で、直訳しますと「1獲得あたりの費用」、つまり顧客獲得コストのことです。
算出方法は「顧客獲得コスト=広告費÷獲得顧客数」となります。
例えば広告費に10万かけたとして100人の顧客がついたとしたら顧客獲得コストは1,000円となります。

当然ながら安いほうがいいです。扱われる商材にも依りますが、扱われる商材1コの価格(粗利)より顧客獲得コストが高かったら意味がありません。(粗利500円の商材売るのに、顧客獲得コストが1万円もかかったら、売れるたびに赤字です。)
※話がややこしくなるので、リピートしまくってロイヤルカスタマーになるから、とかそういうのは省略します。

ROIとは

で、もうひとつの「ROI」ですが、こっちは大手企業のサイト等に掲載されてることが多いのでご存じの方もみえるかとは思います。
「ROI=Return On Investment」の略で直訳しますと「投資利益率(投資収益率)」、直訳というかそのままでした。

算出方法は「ROI(%) = 利益÷投資額×100」となります。例えば100万の利益を出すのに投資した金額が50万だった場合ROIは200%になります。

その昔、まだインターネットが導入されて間もない頃、ヤフオクでいらないゲームを売りました。
その時、売ったゲームは2本で5,000円でした。やったぜ、5,000円ゲットだー!!と喜びましたが、まだまだネット通信、回線が高い時代です。その月のネット通信費用は12,000円でした。
(5,000円÷12,000)×100=41.666… ROIは41.67%です・・・(あ、思い出したら悲しくなってきた・・・)。

広告出したら必ず効果測定を

WEB広告に限らないですが、広告出すとそれなりに反響はあります。
ただ、出して「お客さん来た!」「アクセス増えた!」ではなく、必ず、効果の測定をしましょう。
今回の広告でどれだけのお申込みや問い合わせをいただいたのか、CPAはいくらなのか、そのキャンペーンのROIはどのくらいなのか。

もちろん、認知度を上げるためでお申込みや問い合わせをもらうことが目的ではない、という場合もあるでしょうが、それでも何かしらの指標を持っておいたほうがいいと思います。
例えば、サイトであれば、どのくらいのユーザーが訪れたのか、とか(このユーザーについての指標は後述)。

PVよりもCVを

余談ですが「広告効果」ということでもう一つ。アクセス解析の指標というか項目でPV(ページビュー)数というものがあります。
これは、「そのページが見られた回数」なわけですが、そのサイトが「見るだけ」「見せるだけ」が目的のサイトであれば別に問題はないんですが、例えば会員を募るサイトだったり、商品を売ったり等の目的がある場合はPV(ページビュー)数よりもコンバージョン率(成約率=CVR coversion rateの略)に重きを置きます。

コンバージョンが低い理由の一つに掲載順位もあるでしょうが、せっかくユーザーが来てくれてもサイト構造や操作性が悪くては他サイトに移動されてしまいます(その他考えられる要因はいくつかあるでしょうが)。
また会員になってもらったとしても「リアルの店舗に足を運んでもらうのがサイトの最終的なゴール」であった場合はユーザーが「お店に行きたくなるようなシステム・SP・デザイン」にしなくては意味がありません。
検索結果表示が上位にあることは悪いことではありませんが、逆にそれ「だけ」でもダメなんですよね。

ユーザー指標

最近、Google Analyticsが色々とマイナーチェンジをしました。
最も変わったのは「HOME」という項目が追加され、HOME画面には各指標がカード形式で設置されており、よりグラフィカル(Google Analyticsのアプリを使ってみえる方にはわかると思いますが、アプリっぽいです)になりました。
そして、通常のレポート項目にはなかった曜日時間別のアクセス数が標準装備となり、以前より使いやすく(調べやすく)なっています。

ところが、それだけじゃなかったんですよね。他にも機能が追加されているようでして、ユーザー指標が追加されていました(公式発表してないのがなんとも・・・)。
これは、Google Analyticsの指標に初期設定で「ユーザー数」を追加する機能、というか設定。プロパティの設定で切り替えが出来ます。
以下のサイトでより詳細について書かれています。
【速報】GAにこっそり増えていた重大な新機能「ユーザー指標」とは? 今すぐに有効にするべきか否か
僕も勉強しないといけないですね、これは。

まとめ

ちょっと今回は記事構成に無理やり感がありますが、広告に関する指標や、効果の指標について簡単なお話と、タイムリーであるのと、内容がとても重要だったので、少し脱線をしてアクセス解析についても触れました。こういった効果測定は結果が出ないと担当としては冷や汗モンですが、やはり面白いし、結果出たときはものすごく嬉しいものです。

7月14日に名古屋駅校で開催する「効果的な運用知識や成功事例で集客・売上増大につなぐ 【無料】WEBサイト運用セミナー」では効果測定についても触れますので、ご興味のある方はご参加くださいませ。また、お時間都合合わない方でも、毎月レギュラーでこのセミナーを実施しておりますので、ご連絡先を教えていただければ、次回日程が決まり次第、またご連絡させていただきますので、先ずはお問い合わせください。→申し訳ありません。7/14のセミナーは満席となりました。

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.