超現場ブログ

Technique,Design and Events

様々なデータが取れるアナリティクス。PVの確認だけに使うのはモッタイナイ

Twitter Facebook Google+ はてブ

analytics-2606963_1280

みなさんはGoogle Analyticsでどんなデータを取得していますか?

Google Analyticsで取得できるデータは本当に多く、全てのデータを確認するのはとても大変な作業となります。

 

取得出来るデータが多すぎて、結局PVの確認だけにGoogle Analyticsを使っている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、せっかく様々なデータを取ることができるのに、PVだけの確認にアナリティクスを使うのはモッタイナイです。

今回はGoogleAnalyticsの中で確認しておくとサイト運営・ブログ運営の為になるデータの種類を紹介します。

※どれもAnalyticsを使いこなしている人には当たり前の項目です。まだAnalyticsを上手く使えていない人向けの内容です

 

すべてのページ

行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

上記の手順で「すべてのページ」を確認することが出来ます。

すべてのページでは、Analyticsに登録してあるサイトのページごとの情報(PVや直帰率、滞在時間等)を確認出来ます。

 

ページごとのデータはサイト運営する上ではとても重要なデータです。

他のページに比べて直帰率の高いページ、滞在時間が異常に少ないページなどは改善の余地があります。

ぜひ確認して見てください。

 

ランディングページ

行動→サイトコンテンツ→ランディングページ

ランディングページでは一番最初にアクセスのあったページのデータを確認することが出来ます。

先に紹介した「すべてのページ」ではアクセスした最初のページ以外の全てのアクセスのデータも含まれているので、「すべてのページ」と「ランディングページ」は分けて考えるようにしましょう。

 

こちらも「すべてのページ」同様、ページごとのPVや直帰率のデータを確認できるので、サイト改善にはとても役立つページだと言えます。

 

参照元 / メディア

集客→すべてのトラフィック→参照元/メディア

この「参照元/メディア」を確認すると、全てのアクセスがGoogleやYahooからの流入ではないことが分かります。

フェイスブックやtwitterのSNS、NEVERまとめなどのまとめサイトから。

「参照元/メディア」を確認するとどんな場所からアクセスがあるのかを確認できます。

 

知らいない外部サイトからのアクセスがある場合は、その外部のサイトで自分のサイトが紹介されている可能性が高いです。

外部サイトのURLも確認出来るので、自分のサイトがどんな形で紹介されているのか見てみると面白いです。

 

まとめ

今回はGoogleAnalyticsの中でも特に確認して欲しいデータについてでした。

  • すべてのページ
  • ランディングページ
  • 参照元/メディア

まだこれらのデータを確認できていない人はこの機会に確認してみて下さい♪

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.