超現場ブログ

Technique,Design and Events

WEBの仕組み・SEO対策の勉強にアフィリエイトをお勧めする3つの理由

Twitter Facebook Google+ はてブ

eyecatch20180124

私は最近、受講生のみなさんに、アフィリエイトをお勧めするようにしています。
受講生の方の多くは、自分でWEBサイトを作りたい、制作会社に就職・転職したい、在宅・フリーランスとして活躍したい。
など、様々な目的で、WEBについて勉強されています。

WEB制作の勉強に当たって、一番大事なことは、コーディングルールやテクニックを学ぶのはもちろんですが、WEBサイトを作って何をするのか、何のために作るのか、というのを理解することです。

きれいなデザインや見栄えのするギミックなどは、必要ではありますが、それはあくまでもWEBで何をするか、を達成するための手段でしかありません。
極端なことを言うと、目的が達成できるのであれば、きれいなデザインも、目を引くギミックも必要ありません

アフィリエイトをお勧めする理由は後ほどご紹介しますが、サイトの目的がはっきりしているので、WEBサイトの勉強をする上でうってつけです。

これからWEBを勉強される方も、今勉強されている方も、一度アフィリエイトについて触れてみてください。

アフィリエイトって何?

まず、アフィリエイトとは、どんなものなのでしょうか?
WEBの勉強をされている方であれば、名前は聞いたことがあると思います。

・アフィリエイトは簡単に稼げる?
・何か胡散臭い?
・結局、稼げる人は一部のすごい人だけ?

あまり良いイメージを持っていない方も多いのではないでしょうか。

そもそもWEBサイトというのは、大きな意味で「広告」です
何か売りたいもの、紹介したいものをインターネットというネットワークサービスを使って、広く大勢の人に見てもらい、売上や集客に貢献するのが、WEBサイト制作の最も重要なミッションになります。

アフィリエイトは、広告主が販売や紹介したい商品、サービスなどを提供します。
その情報を自分のサイトで紹介し、クリック数や契約件数などに応じて、広告収入を得るというシステムです。

image20180124-1

一言で言うと、アフィリエイトは、広告代理店のお仕事です

そういった意味で、アフィリエイトというのは、商品やサービスを紹介して、広告収入を得るという目的がはっきりしています。
この目的を達成するためには、何が必要なのか、というものが直に学ぶことが出来る最適なツールということが言えます。

アフィリエイトって難しい?

アフィリエイトを始めるために、色々と調べることからスタートしていくと思います。
そうすると、アフィリエイトは難しい、稼げる人は全体の3~4割、などと言われています。

ここでは、アフィリエイトで稼ごう!
という話をしているのではなく、WEBの仕組みや目的達成についての知識、SEO対策について学ぶ教材としてご紹介しています。
極端なことを言うと、これで稼げなくても良いのです。

まずは、これを教材として、どんなことを学んでいけばよいのか、どんな知識や技術が必要なのか、そういったものを直接感じ取ってもらえれば良いと思います。

本当に稼ごうとすると、確かに簡単ではありません。
時間も、お金もかかります。

確かに、これで稼ぐことが出来たら素晴らしいですが、アフィリエイトを通してWEBの仕組み、SEO対策、コーディングスキルを身につけることが出来れば、最初のステップとしては合格ではないかと考えています。

アフィリで学んでほしいこと

アフィリエイトを通して、WEB塾として学んでほしいことは、3つあります。
短期間で学べるものから、実際に触って長期的に続けなければ身につかないものもあります。
いずれにしても、WEBサイト制作に関わる重要な部分だと思いますので、しっかりと勉強してもらいたいところです。

コーディングの重要性

タグ、要素の意味づけ、WEB標準のコーディングは当然のことながら必須の知識ですが、SEOの観点から見ると、より重要な項目について知っておく必要があります。
例えば、titleタグ、h1タグ、descriptionの内容など、特に重要なコンテンツの扱い方は身につけてもらいたいです。

マーケティングの意識

経営学や経済学などの深いマーケティング理論や手法などを勉強しておくと、より理解が深まると思いますが、消費動向やニーズ、流行など、回転の速いネット上での動きにアンテナを張っておく必要があります。
マーケティングについて意識しているだけでも、WEBサイトの作り方に大きく差が出てきます。

WEBサイトの運用について

WEBサイトは、作って終わりではありません。
むしろ、作ってからがスタートになります。
先ほど、WEBサイトは広告であると言いましたが、宣伝効果を上げるためには、作ったままにしておいてはダメなのです。

作ったサイトをアクセス解析などを行って、消費者のニーズなどに合わせて、コンテンツに改良を重ねていく必要があります。
常にマーケットは動いています

まとめ

アフィリエイトを勉強すると、コーディングの重要性、マーケティングの意識、WEBサイトの運用について、リアルな形で学んでいけると思います。
それによって、利益を出せるようになれば、勉強したことが正しかったという証明にもなり、そのサイトがポートフォリオにもなります。

まずは、アフィリエイトを正しく知って、WEB制作の勉強に役立ててみては、いかがでしょうか?

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.