超現場ブログ

Technique,Design and Events

メモ帳のはなし③

Twitter Facebook Google+ はてブ

a0002_011007_m

みなさん、こんにちは。

メモ帳の話をするのはこれで3回目くらいでしょうか。

「Webのはなしは他の講師の先生方がしてくれる(´-`)」ことをいいことに、

自分はほぼ関係ない「紙」のメモ帳のはなしばかり。。すみません…

罫線のメモ帳

過去のブログの中でも書いたかもしれませんが、

私は使うメモ帳はドットの入ったものを選ぶようにしています。

ただ今回は最近100円均一で見つけたメモ帳なのですが、

見た目の可愛さということもあり、罫線タイプのメモ帳を買ってみました。

(しかもカバー付の赤・黒二冊買い。)

一冊は普段の書き留め用、もう一冊は会議用に。

安いので気兼ねなくたっぷり使えて、書き間違いをしてもぐしゃぐしゃって消しゴムをあまり使いません。

それと、お仕事柄にもよると思うのですが、私の場合丁寧にゆっくり書くことはあまりないので、

早書きだと線にかぶり文字が見づらくなってしまうかもしれませんね。

(鉛筆 or シャープペンでメモをとる場合)

罫線タイプでも黒や紺など暗めの色のペンを使ったり、

罫線の色が薄めのものを選ぶと文字がかぶっても見づらくないかもしれません。

(私個人の見解です。)

ドット方眼のメモ帳

先日、あるお店でA5サイズのドット方眼のメモ帳(しかもSALE品でラストワン!)を買いました。

「あぁ~、ドットタイプはうれしい。」

ドットが入っていると表や図形などが書きやすいのでとてもよいと思います。

ドットに慣れてしまうと無地がなんとな~くさみしく感じます。。

ドットは横向きしても使えるので、HTML等のコードをそのまま書き写すときによいですね。

A5 or B6

メモ帳のサイズはA5若しくはB6が私には丁度よいサイズ感です。

パソコンの前でメモをとることが多いので、

キーボードの邪魔にならない大き過ぎないサイズ。

ポケットには入れて持ち歩かないので小さ過ぎないサイズ。

 

好き勝手に色々書きましたが、今後も気づいたことや伝えたいことが出てきたらブログに書いていきたいと思っております。

 

そういえば、遡ること私が二十歳のとき。

初めての勤め先で働きはじめの頃、大事なメモ帳を家に忘れて出勤してしまい…

その頃はメモ帳がなければ仕事ができないほど業務に関することを書き留めていたので、慌てて家に電話し親に届けてもらうという、ちょっと情けない恥ずかしい経験が。。

 

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございます。

当校では資料請求、無料の体験授業を受け付けております。

お気軽にお問い合わせくださいませ^^

 

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.