超現場ブログ

Technique,Design and Events

昨年Googleさんが発表した「医療や健康に関連する検索結果の改善について」について

Twitter Facebook Google+ はてブ

eyecatch20180216

WEB塾 超現場主義 札幌校の三本です。

昨年12月6日にGoogleより発表されました、「医療や健康に関連する検索結果の改善について」のお話をしたいと思います。
これは、日本語検索における、医療や健康に関するサイトに大きな影響を及ぼす内容となっています。

巷では、「医療アップデート」という呼ばれ方をしていますが、その内容について説明していきたいと思います。

医療アップデートに至った背景

Googleが医療や健康に関するアップデートを行った経緯については、詳しく発表されていませんが、以前からいくつかの医療情報系サイトでトラブルが報告されていました。

もっとも有名なのが、2016年11月に「WELQ」という医療情報サイトで真偽が不確かな情報を繰り返し発信していたという事件がありました。
「肩こりは、霊的トラブルが原因」みたいな情報が掲載されたことから、ニュースでも大きく取り上げられました。

このような真偽が不確かな情報、ユーザーにとって混乱を招くような情報については、Googleは厳しくチェックするようになってきています。

特に、医療や健康に関するものは、生死に関わるものも含まれるため、検索結果に対して改善されることになったと思われます。

検索結果改善の内容とは

今回は、医療・健康に関係する検索結果について改善が発表されましたが、Googleは以前からユーザーにとって有益な情報、信頼性の高い情報を上位に表示させるような対策を取ってきました。
これは、今後も続くので、医療関係以外のジャンルについても改善されていくと思われます。

医療・健康に関連する検索結果について発表された内容を簡単にまとめてみました。

1. 医療従事者や専門家、医療機関等が提供する、信頼性が高く有益な情報は、上位に表示させる
2. 専門用語の多用は、ユーザーにとってわかりにくいため、日常会話のような平易な言葉を推奨する

これによって影響を受ける医療・健康に関係する検索は、60%に及ぶそうです。

医療アップデートに対するSEO対策

しかしながら、SEO対策として何もしない訳にはいきません。
一般的な医療・健康系サイトとして、どのような対策を行えばよいのでしょうか?
サイトの信頼性をアップさせる方法としては、以下の対策が挙げられます。

著者情報を入れる

<link rel="author" href="https://plus.google.com/***********" />
<a href="https://example.com/profile/" rel="author">著者情報</a>

のように、著者の情報が掲載されているページへのリンクがあると、誰が書いたか明確になるため、信頼性や安心感が上がります。

更新頻度を高くする

何年も前に作成されて、更新もされていない情報はユーザーにとって不利益になり、Googleも信頼できる情報とは思わないため、常に新鮮な情報を提供する必要があります。
これは、新しいページを追加すること、古いページの内容を更新すること、が含まれています。
週に3回程度の更新は、最低でも行っておきたいところです。

ドメインを長く利用する

ドメインエイジ、ドメイン年齢などとも言われていますが、実店舗でも老舗の方が安心感、信頼性が高く感じるように、ドメインも使い続けることで信頼性が増します。
これについては、すぐに対策できるものではありませんが、一度決めたドメインは変更せずに使い続けることで信頼性を得られるようにしましょう。

信頼性の高いサイトからの被リンク

以前は、とにかく被リンクを確保することで対策ができました。
しかし、最近は信頼性の低いサイトの被リンクは評価を下げる結果となっています。
自分のサイトで信頼性を高めるには、信頼性の高いサイトからの被リンクを得る必要があります。

検索キーワードを見直す

専門用語を多用している場合は、ユーザーにとってわかりにくく、検索もしづらい状態となっています。
Seach Consoleの検索アナリティクス等を使って、検索キーワードを見直してみましょう。

オリジナリティと信頼性の高いコンテンツ

結局はこれが前提という話になります。
とにかく、どこかのコピペではなく、自分の言葉で書いたコンテンツ、信頼性の高い記事、などが評価されます。

また、医療・健康系のサイトで気をつけなければいけないのが、医薬品医療機器等法(旧 薬事法)です。
2014年に名称が変わり、医療系プログラムや記録媒体についても医療機器として制限を受けるようになっています。

医師や医療機関のお墨付きをもらう

最近、医療系の検索キーワードを入れると、【医師監修】のようにタイトルが付いたものを目にする機会が増えています。
単純に、このキーワードを入れれば良いわけではありませんが、医師や医療機関などの信頼できるところからの発信は、評価されています。
お墨付きをもらうのは簡単ではありませんが、「ソースどこ?」というのが今後重要になってきます。

まとめ

医療アップデートは、より信頼性の高い、ユーザーにとって有益な情報が優先されるように改善されました。
今後は、他のジャンルについても同様の改善が進んでいくと思われます。

今回は、医療・健康に関連する検索結果が槍玉に挙げられてしまいましたが、このジャンルに限らず、上記に挙げたようなSEO対策は、必要になってくると思います。

信頼は実社会でも簡単に得られるものではありません。
WEBサイトも同様で、時間を掛けて、真面目に取り組むことでしか、信頼を得ることはできません。

真面目な講師が揃っているWEB塾 超現場主義の授業を体験してみませんか?
体験レッスンお申し込み

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.