超現場ブログ

Technique,Design and Events

30才フリーターからWebディレクターへ

Twitter Facebook Google+ はてブ

blog

はじめまして。浜松校の杉浦公亮です。
私はもともとWeb塾でデザイナーコースを受講していたのですが、縁あって制作から声がかかり、現在は新人アシスタントディレクターとして日々頑張っているところです。

このページをご覧になっている方はWeb塾がどんなところなのか興味を持ち、他社と比較して検討している状況かと思いますので、今回は私がどのような経緯でWeb塾に入校したのかを独り言のように書く事で、参考にしていただけたらと思います。

目指していたものをあきらめWebの勉強を始める

私はもともと目指しているものがあり、アルバイトをしながら色々と勉強をしていたのですが、なかなか芽が出ず、30才という年齢の事もあり、諦め、新しい生き方を模索していました。

「そもそもアルバイトしかやってこなかったので、これから正社員になるには何かしらの技能を身につけなくてはなるまい」

「もともとがアナログ人間なので、どうせならテクノロジーに触れなくては、時代においていかれる!」

「誰かと何かを作る事をしたい」

こんな事を考えながら毎日過ごしていたのですが、もともと感性に訴えるものを理論的に考える事が好きな事もあり、Webデザインに興味を持ち、勉強を始めようと思いました。

「そもそも就職に結びつかなきゃ意味ないじゃん」

浜松でWebのスクールを探すとなると、非常に数が限られてくるのですが、色々と比較し、体験授業などをうけたり、話を聞きに行く中で気がついたのが、

「そもそも就職に結びつかなきゃ意味ないじゃんんんん」

でした。

そうして現実的な部分で見たときに、一番卒業後の可能性が広がりそうだと思ったのがWeb塾でした。
だいたいがアナログ人間でパソコンも持っていない状態から始まったのですが、パソコンを選ぶ相談にまで乗っていただいたりと授業以外の面でも非常にお世話になり、

「ここで学べば新しい道が開けるかも」

と思い、受講を決めました。

挑戦しない人生より挑戦する人生

Webの事に限らず、もし今何かを始めようかどうしようか、迷っているのであれば、間違いなく始めるべきだと思います。

私は目指していたもので芽が出ず、諦めましたが、もしもう一度人生をやり直せるとしても、同じように、やりたい事を目指して挑戦の日々を送ると思います。たとえそれが叶わぬものと知っていても。
その目指す日々で得たものはとても大きく、私の考え方や、価値観のもとになっていて、世界を覗く望遠鏡の役割を担ってくれています。

挑戦した事への後悔はありませんが、それでもふと、昔が懐かしくなってしまうことがあります。
それはそこに一緒になって過ごした友達がいるからです。
新しい事を始めると、そこに必ず新しい出会いがあります。それこそが、人生を豊かなものにすると信じています。
だからもし、なにかを始めようか始めまいか迷っているのであれば、間違いなく始めることをお勧めします。

それがもしWebに関する事なら、ぜひ、Web塾へお越しください。
可能性を広げる出会いが待っていると思います。

まずは無料の体験レッスン・カウンセリングへ!

あなたの目的や目標をお伺いしたうえで、
現在のスキルを分析し、
あなたに最適なカリキュラムをご提案します。

体験レッスン・カウンセリングの流れ

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.