プロだからこそ、教えられることがある。

Professional pride

平田睦 先生 名古屋駅校

Mutsumi Hirata

アパレル業界でPCオペレーター、製版会社でDTPデザイナーと営業を経験し、その後、フリーに。

フリーランサー仲間と協業しながら、主に営業・企画・広報・マーケを担当。その際にWEBの仕事を本格的に始めました。

制作で作ったクライアントのWEBサイトが運用されず更新されないまま、置いてあるだけの状態になっていることが多いことに疑問を持ち、クライアント側に立って実際に運用してみたいと思い、電機系商社に入社。そこで、WEBサイト運用、ECサイト運用、企画開発、制作、広報、PMを担当し、制作側とクライアント側、両方の立場から「制作」を見ることが出来るようになりました。

現在はホームページショップにて、WEBディレクターとして案件管理やクライアントとの交渉、広告運用などに従事。

ディレクションやクライアントとの交渉、サイト運用、広告運用など、上流工程や、納品後の保守運用など、「技術」以外の「技術」を学びたい方はお気軽に体験レッスンにお申込みください。


教えるうえで最も重視していることは何ですか
わかりやすさ一択。
クライアントに説明する際には横文字は出来るだけ使わない、比喩を多様、相手の業種に置き換えて説明します。
例えば、サーバー=土地、共用サーバーは集合住宅、オリジナルのWEBサイト設計=自由間取りの注文住宅、テンプレート=建売住宅で間取りは決まってる、など。
スクールの講師として、一番うれしかったことを教えて下さい
教えたことが相手の「腑に落ちた」瞬間は嬉しいです。まだまだ講師としての実績が少ないのでこれから「一番うれしかったこと」を経験させていただきます。
Web業界に興味を持ったきっかけは?
製版会社でDTPデザイナーをやっていた際に営業も兼ねるようになり、色んな会社さんに飛び込み営業をかけていくなかで、
「ホームページは作れないの?」とお客さんに聞かれることが多々ありました。
当時はまだWEBサイトを持ってない企業さんが多い時代です。
ちょうど、印刷値段の下げ合い競争から脱却しないと生き残れない、と感じていたので、意を決して、会社に「WEBサイト作成の仕事を請けましょう」と提案し、簡単な商材LPから作成したのが、先ず「WEB」という世界に携わったきっかけです。
その後、仲間たちとフリーランスで協業し、営業を担当するようになってから自分で勉強を兼ねてWEB用語集ブログを開設し、そこからWEBの世界の面白さにハマっていきました。
Web業界はどんな業界ですか
どんな業界・・・うーん、難しい質問ですね。
楽しい、というよりは面白い、ですかね。結果が出やすい業界ではあるし、広告手法・媒体としてのWEBは伸び続けています。
一般企業さんでもWEB担当さんを設置している会社さんやWEBチームを持っている企業さんも出てきています。
認知・認識度が高まるにつれて、市場の成熟度も増して、就業人口も増えていくような気がしてます。
座右の銘
アテにするから、期待するから、腹が立つ
(良くも悪くも期待しなければリスクヘッジにもなるし、期待通りになれば喜びも倍増するし)

マイナス×マイナス=プラス
(マイナス思考なので、そのマイナス思考の逆を考えればプラス思考かな?って。契約が取れなかったらどうしよう、って考えて営業に出るより、契約が取れちゃったらどうしようって考えたほうが楽しいじゃないですか)

これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。
(「論語」孔子)

倉廩実ちて 則ち礼節を知り、衣食足りて則ち 栄辱 を知る。
(「管子」管仲)
趣味やプライベートについて
空手は20年やってましたが、今はなかなかやれていません。
学生時代はハンドボールやってたんで、ハンドと空手をまたやってみたいのですが、その前に痩せないと体が動かないです(その当時より体重が15kg増えてます)。
中国古代史が好きなんで、歴史小説や思想書読んだり、宮城谷昌光氏の小説が特に好きです。
それとシミュレーションゲームと全然更新出来ていないブログ運営にSNSでのやり取り、極稀に動画をYoutubeのチャンネルにアップしてます(こっそり)。
あとは、たまーーーにドライブしたり、映画鑑賞(Amazonプライム)と音楽鑑賞というお決まりの趣味はあります。
プライベートですが「よく生活感がない(by奥さん・友人)」とか「子どもを抱いてるイメージが出来ない(by同僚)」とか「夜のニオイしかしない(by取引先・面接官)」とか「私生活が謎(by下請けさん)」とか散々なこと言われてますが、既婚で二児の父親です。お酒も全くダメです(先日、調子に乗って缶チューハイ1/3ほど飲んだら真っ赤になって頭痛→寝込む。奥さん、爆笑)。
人生で大きな出来事
中学生のときの部活動や空手の試合の入賞は人生において自信につながる経験をしました。
DTPのデザイナーだったのに営業に出たこと、フリーランスになったことで、色々と考え方を変えざるを得なかった、生き残るために企画やマーケティング、WEBに手を出したことが今につながっています。
得意分野
広く浅くをモットーにしているため得意ってのは・・・すいません。嘘です。言い訳です。
アクセス解析やそれに基づく分析や仮説検証、企画営業、マーケティング、営業、ディレクションといった上流工程を得意としています。
せっかく技術を学んでも、それを活かす方法がわからなければ意味がなく、また自分が習得したスキルを収入に変えていくには?など、そういった「技術」を教えることもお伝え出来ますので、色々と突っ込んで聞いてみてください。
これから学ぶ人へのメッセージを
学び始めるのに年齢は関係ありません。僕がWEB用語集ブログを書き始めたのが30歳になってからで、当時はホームページをA4サイズで作って!とか言ってるレベルでした。
お客さんに回答出来ない自分が嫌で、何から学んでいいのかわからず、先ずは言葉の意味を知ろう、それがスタートでした。
そこから、この世界の面白さにハマっていきました。

今は自社で運用や自社更新が当たり前になっており、
WEB制作会社でなくてもWEBチームやWEB担当を置いている企業さんは増えています。
それだけWEBの必要性や重要性が認められてきたからだと思います。
是非、当スクールでWEBの面白さを学んでみてください。

名古屋駅校に体験申込みをする

講師紹介に戻る

ご質問・ご相談の方はこちら

ご質問・ご相談ですか?

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご質問・ご相談はこちら

Copyright © 超現場主義 All rights reserved.