超現場ブログ

BLOG

私が試したタグの覚え方

みなさん、こんにちは。

札幌の得地です。

突然ですが、みなさんは「HTML」を勉強し始めた頃は、タグをどんな風に覚えていましたでしょうか?

「特に、意識もしていない」

「普通に覚えた」という方もいれば、

もしかすると、「ちょっとだけ工夫して覚えた」という方もいるかもしれません。

ちなみにですが、私は「普通」には覚えれそうもありませんでした。

「工夫」とは言っていますが、みなさんされていることでしたら、すみません。

英語の意味を調べてみる

私はタグの元の英語の意味を調べて覚えるようにしてました。

※英単語の意味としてです。

<h1> … heading  (見出し)

<p>   … paragraph (段落)

<ul>  … unordered list (順不同のリスト)

<dl>  … difinition list (定義リスト)

<br>   … break (改行)

他にもたくさんのタグがありますが、属性や属性値も同じ様にしていました。

rel … relation (つながり)

discription … (説明)

スムーズに…

最初の頃、実際コーディングをするとなると私の場合何故かとても緊張しました。

そんな時、タグの英語の意味をちょっと知っておくと、スムーズにタグの入力ができるような気がしました。

というのも、例えば、

<dl>とセットで使う<dt>と<dd>があります。

私の場合、英単語の意味を知らずにいると、

「外側で使う(囲う)タグはどれだったかな…?」

となって迷ってしまいます。

(個人差や人によっては合う合わないはあるかもしれません。)

ただ、コーディング自体は何度も何度も繰り返し重ねて作業していくことで、

「ここではこのタグを使おう」

「今はこのタグが適切かもしれない」

「前はこのタグを使って苦労したから、今度はこのタグを使ってみよう」

となっていくのではないかと思います。

最後に札幌校限定講座のご案内

札幌校では短期間で学べる講座をご用意しております。

「いきなり50時間、60時間はちょっと…」

「手軽に受講したい」

という方におすすめかと思います。

HTMLの他にもWordPressやPhotoshop、Illustratorの短期間講座もあります!

もしご興味がございましたら、こちらからご覧いただけます^^

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 


CONTACT

お問合せ

体験お申込み・資料請求・ご質問・
ご相談はこちらから

受付専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-941-071

受付時間:10:00〜18:00 (土日祝定休)