超現場ブログ

BLOG

メモ帳のはなし②

みなさん、こんにちは。

みなさんは普段メモをとる機会は多いほうでしょうか?

「メモすることは欠かせないっ!」という方は多いかもしれません。

しかし、時々「こう書けばよかったなぁ…」と思うことが私の場合多くあり…

メモする時は、できるだけ“後悔”のないようにメモをとりたいものです。

細かくメモをとる

「これは覚えてるからメモしなくてもまぁいいか!」

メモをとる時、ときどきこんな風に思うことが私はあるのですが、

時間が経過しあとで振り返った時に、

「あれ、これ何だっけ…」がやはりあります。

「これは覚えてるから大丈夫だろう」とその時は思うようなことでもメモをとることで、慌てることは少なくなるかもしれません。

この時に、「状況」なども書いておくとよいかもしれません。

作業の手順方法や教えてくれたことを書くだけではなく、「いつどんな時に、何に対してこの作業をしたのか」なども書き留めておくと、次回の別の作業時に応用できることがあるかもしれません。

「あとで清書。」はする?

「あとでノートなどにキレイに清書すれば」と思ってもなかなかやらず、先延ばしにしてしまうこともある私なのですが。

というのも、見返した時にもっと分かりやすくしたいなーと思っていたり、時系列や内容によって分けやすいようにノートではなくルーズリーフにしようか迷ったりも…

そもそも清書したものより、その時にメモしたものの方が記憶に残っていたり、後に復習しやすい傾向にあります。(私だけかもしれません)

なので「そのときだけのメモ」とは思わず、多少普段よりキレイな字ではなくても、復習しやすいよう分かりやすいように後で確認ができるよう心がけています。

 

「清書してキレイに」も大事かもしれませんが、いかに記憶に残り実作業がスムーズにできるかということも大切と感じています。(自分がきちんとできているとは言えませんが)

 

WEBとはあまり関係のない内容で、ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

当スクールでは無料の体験授業資料請求も受付けております。

お気軽にお問い合わせくださいませ^^


CONTACT

お問合せ

体験お申込み・資料請求・ご質問・
ご相談はこちらから

受付専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-941-071

受付時間:10:00〜18:00 (土日祝定休)