超現場ブログ

BLOG

WordPressを使いこなすためのPHP

Web制作ができるようになりたい方の中には、まだまだWordPressを覚えたいという方が多いのではないでしょうか。
WordPressは使い方によってはプログラムができなくても管理画面上の操作だけでWebサイトを構築してしまうことも可能ですが、HTML/CSSなどができるようになってくれば、オリジナルデザインのものをWordPressのテーマ化ができるようになります。
さらにPHPを覚えておけば、動的な仕組みを加えたサイトも作れるようになります。

WordPressを便利にするために、このくらいを理解しておくと使いやすいよ、という範囲を知っておきましょう。

WordPressのためのPHP

PHPの動作環境

PHPはHTMLやCSS、Javascriptとどのように違うのか、まずはここから始めましょう。
また、PHPにもバージョンがあります。
バージョンによって書式が変わったり、使えなくなった制御文などがあります。
また、レンタルサーバーを利用する場合、レンタルサーバーによってPHPが動作するバージョンが異なります。
自分が作業する環境がどのようなPHPバージョンなのかを事前に確認しましょう。

※WordPressの場合DBも使用します。DBもレンタルサーバーによって使用するDB、バージョンが異なることがあるので事前に確認しておきましょう。

PHPの基本

PHPの動作環境を確認したら、PHPを書きましょう。
PHPは拡張子は「.php」ファイルになります。
HTMLのように、phpを書くためのタグがあります。タグの中でPHPを書きましょう。

また、PHPの基本、というかプログラムの基本となる

  • 変数
  • 定数
  • 配列
  • 演算
  • 制御(条件分岐、繰り返し)
  • ユーザー定義関数
  • 外部ファイルの読み込み

を理解しましょう。

ここからさらにclass、cookie、session、DB接続などを覚えていくとPHPとしては中級に入っていくのですが、WordPressとして、ということであればまずは上記のリストを覚えましょう。

リストにしてみるとこんなものか、なんて思うかもしれませんが、
変数であれば以下も変数ですが、どのように利用できるでしょうか?

$_SERVER
$_REQUEST

では定数の中でも以下の定数は?

__FILE__

この配列は?

[
     “Tokyo” =>[
       “name” => ”WEB一郎”,
       “age” => 40
     ],
     “Osaka” =>[
        “name” => “WEB次郎”,
        “age” => 30
     ]
  ];

この演算の意味は?

($a>60) || ($c && $d)

isset($temp)

基本といっても意外と覚えることが多いので、気になる方はしっかり学んでおきましょう。

※その他にも「.htaccess」「php.ini」ファイルなども併せて使えるようになるといいでしょう。

PHPなどのプログラムを学ぶための講座

WEB塾はマンツーマンの授業で上記のPHPについて学べますが、
さらにWEB塾 東京校では毎月開催されているPHPの講座で学ぶことも可能です。

マンツーマンでのプライベートレッスンをご希望の方はまずは無料体験から
お得な短期講座でピンポイントで受講してしまいたい方は東京校の短期講座から

そもそもプログラムの考え方を学んでおきたい方

2月・3月の限定の講座となりますが、そもそもプログラム自体ふれたこともなく、考え方、理論がわからないという方のために
考え方、プログラムの組み方、などを理論的に学ぶことができる講座をご用意しています。
2月・3月限定アルゴリズム講座
まずはこちらを受講してみましょう。
限定講座として4講座ご用意しております。ご状況に併せておススメの組み合わせもありますので、
それぞれの講座をご確認頂きお申込みください。
※実践講座で使用するプログラムはJavascriptになります。Javascriptを使えるようになりたい方にもおすすめです。


CONTACT

お問合せ

体験お申込み・資料請求・ご質問・
ご相談はこちらから

受付専用フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-941-071

受付時間:10:00〜18:00 (土日祝定休)